Menu

ゆふころろブログ

TOP >  ゆふころろブログ >  「京の麩菓子屋 ゆふころろ」オープン記念日

  • 「京の麩菓子屋 ゆふころろ」オープン記念日
    2017.6.3

     

    「京の麩菓子屋 ゆふころろ」本日、グランドオープンです!

    (プレオープン中にお越しいただいた皆様、ありがとうございます!)

     

    入梅間近のこの時期ですが、

    晴天にも恵まれ、ようやく今日という日を迎える事ができました。

     

    これから末長く、よろしくお願いします!

     

    …ところで「京の麩菓子屋 ゆふころろ」とは、どんなスイーツ屋なのでしょうか?

    (ちょっぴり長くなりますが、お話しさせていただきます)

     

    テーマは「日本の四季」です。

    日本人は古くから季節の変化を繊細に感じ取り、

    その移ろいを「色彩」や「言葉」や「食べ物」などで表現し、

    生活に取り入れてきました。

     

    「京の麩菓子屋 ゆふころろ」ではこれら四季の移ろいを

    日本古来から伝わる二十四節気・七十二候と呼ばれる区分で分類し、

    「風情」「情緒」「情景」を表現した和洋折衷のスイーツ屋なのです。

     

    例えば商品の包装紙には、春には春の色、夏には夏の色、

    そして季節の変わり目にはその移ろいに応じた色を使い分けて

    「お麩のスイーツ」とともに「季節感」をお持ち帰りいただけるようにしています。

     

    また「お麩のスイーツ」と聞いて「なぜお麩?」

    と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    その答えは「真心」です。

    「お麩」には、お客様への「真心」が込められているからです。

     

    「真心」の理由はお麩の調理工程にあります。

    澄んだ水で練った小麦を、ツヤと弾力がでるまでひたすら水で流しながら繰り返し練り続け

    る…。

    お麩をつくる手間暇には「食べる人に少しでも美味しいお麩を食べてもらいたい」という作り

    手の想いが込められています。

    「京の麩菓子屋 ゆふころろ」では一流のパティシエが「お麩」を和洋折衷のスイーツにアレン

    ジ。

    お麩に想いをこめて美味しく美しく仕上げています。

     

    …と真面目に語ってしましましたが、お越しのお客様には

    是非、お気軽にお麩のスイーツを召し上がりいただきたく思います。

    ※)イートインスペースはまだ準備中で、お持ち帰りのみのご対応とさせていただきます。

     

    これから「京の麩菓子屋 ゆふころろ」は皆様にお喜びいただけるように

    お店では美味しいお麩スイーツを、ブログやSNSでは季節感たっぷりの新着情報をご提供いたします。

     

    改めまして、末長くよろしくお願い申し上げます。

     

    それでは今日はこのあたりで!

     

    追伸:グランドオープン初日はケーキや麩饅頭などの生菓子完売いたしました。

    お買い上げ頂いた皆様、誠にありがとうございます!