Menu

ゆふころろブログ

TOP >  ゆふころろブログ >  お歳暮と師走の事はじめ

  • お歳暮と師走の事はじめ
    2017.12.13

    1213日 【事はじめ】 二十四節気【大雪】 七十二候【鱖魚群(さけのうおむらがる)】 

    師走の十三日は『事はじめ』と呼ばれ、お正月の準備を始める日にあたります。

    かつて京都の町衆の間では、一年間お世話になった人にお礼の挨拶に伺い、その後、お正月の準備を始めたといいます。

     

    お正月の準備といえば大掃除ですね。

    事はじめでは新年の神様を迎えるために「煤払い」と呼ばれる行事を行います。

    これはただの大掃除ではなく神棚や仏壇を綺麗にする事で年神様を迎える準備を行う神聖な行事だといわれています。

     

    部屋の温度を調節することや衣替え以外にも、

    こうした行事ごとで心身の健康を保つことも大切ですね。

    ゆふころろでもスイーツを置く台をきれいにしています。

     

    また、関西地方の風習ではこの日からお歳暮を送り始めます。

    京の麩菓子屋ゆふころろの焼き菓子セットはお歳暮にもぴったり。

    ゆふころろオンラインショップでもお買い上げいただけます。

    ▼オンラインショップURL▼

    https://yufucororo.com/shop/

     

    2017年もあとわずかですが年の瀬にも京の麩菓子屋ゆふころろをよろしくお願い申し上げます。