Menu

ゆふころろブログ

TOP >  ゆふころろブログ >  和菓子の日に大人気【雫麩饅頭】

  • 和菓子の日に大人気【雫麩饅頭】
    2017.6.16

    616 七十二候【梅子黄】うめのみきなり

     

    こんにちは「京の麩菓子屋 ゆふころろ」スタッフです。

    本日は『和菓子の日』

    そのためか…本日、雫麩饅頭が完売です。

    お召し上がり頂いた皆様、誠にありがとうございます。

    また、明日から販売いたしますので、

    涼やかなジュレをトッピングしこの時期にぴったりの雫麩饅頭をこれからもよろしくお願いします。

     

    【和菓子の日とは】

    日本には6月16日に、16個もしくは7個(1+6)の菓子を食べることで無病息災を願う習わしがあります。

    ※もともとは、848年(嘉祥元年)に仁明天皇が御神託に基づいて6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて疫病を除け招福を祈誓したことが始まりだと言われています。

     

    江戸時代には、この日を『嘉祥の祝』とよび、大広間に2万個以上の菓子を並べて各地から呼び集めた御目見得以上の諸士の一人一人に菓子を賜ったそうです。

    それも、将軍一人で。

     

    かなりの重労働だったらしく、

    二代将軍の徳川秀忠はお菓子を渡す所作を行い過ぎたために、この行事の後は肩を痛めたそうです。

    ※ちなみに5ヶ月後には『亥の子の祝い』という、これまた将軍から各諸大名に菓子を賜る儀式があるため、将軍は年に2回肩を痛めたのではないでしょうか。

     

    「お菓子肩」といったところでしょうか。

    肩を痛めてまでお菓子を配った理由。

    やはり政治を行う者として、災いをさけるためには必要な儀式だったことが伺えます。

     

    「京の麩菓子屋 ゆふころろ」には雫麩饅頭以外にも和菓子の日にぴったりな焼き菓子なども取り扱っています。

    お近くにお越しの際には是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

    ※蜜弦月シリーズも現在、完売状態です。ご了承くださいませ。

     

    それでは本日はこのあたりで。