Menu

ゆふころろブログ

TOP >  ゆふころろブログ >  夏越の祓

  • 夏越の祓
    2017.6.30

    630日 行事【夏越の祓】 おすすめ菓子【水無月】

     

    こんにちは。

    今日の三十三間堂付近は雨のち晴れ。

    午後からしっかりと暑くなってきました。

    明日から7月、いよいよ夏本番ですね。

     

    「暑くなるのやだなー」と思っているのは今も昔も変わらなかったのか、平安時代、この時期には『夏越の祓(なごしのはらえ)』といって、宮中に貯蔵していた氷を臣下に配り無病息災を祈る儀式がありました。

    この貯蔵場所は『氷室』と呼ばれ、今でもその跡地が京都の北山に残されています。

    やがてこの儀式は「水無月」という氷を模した三角形の和菓子を食べる形式になりました。

    三角形の外郎生地の上には小豆がのせてあり、悪魔祓いもバッチリ考慮されてます。

     

    「悪魔祓い」というのも、6月と12月は「物忌みの日」と呼び、半年間溜まった罪や穢れを祓うための大事な節目の時期ですから、魔除け・厄除けの儀式はとても大切なことだったのだと考えられます。

     

    今日は、六角堂のお地蔵様に雫麩饅頭をお供えしてお店に関わる全てのスタッフとお客様の無病息災を祈願してきました。

     

    それでは今日はこの辺りで。