Menu

ゆふころろブログ

TOP >  ゆふころろブログ >  秋土用にゆふころろの新作スイーツ

  • 秋土用にゆふころろの新作スイーツ
    2017.10.24

    10月23日 七十二候【霜始降(しもはじめてふる)】 【秋土用(10/20~11/6)】

     

    こんにちは。

    秋土用にさしかかり季節は秋から冬に移り変わる準備を始めています。

    この時期には「青い(青魚など)」もしくは「た」のつくたべものを食べると病から逃れられるという習わしがあります。

     

    京の麩菓子屋 ゆふころろでいうと「青い」スイーツは

    最近、新たに仲間入りした「千代の菓実-玉露のミルクレープ-」です。

    ※写真左「千代の菓実-玉露のミルクレープ-」

    ※写真右「ささら栗-生麩のモンブラン-」

     

    どちらかといえば「緑」。

    しかしながら、青色と緑色の総称を「あを」と呼んでいた日本古来の色彩感覚になぞらえると、これもまた「あをい」食べ物といえるのではないでしょうか。※ちなみに緑色は平安時代から追加されたそうです。

     

    玉露の濃厚な香りに宿る自然の力をふんだんに感じる

    「あをい」お麩スイーツで季節の変わり目をおいしく彩ってみてはいかがでしょうか。

     

    何はともあれ季節の変わり目ですので栄養をしっかりとってご自愛くださいませ。